時間対効果 4位:試験直前の、過去問。

DELE B2対策】第4位:お勧め教材(時間対効果)試験間際の過去問のやり込み


<お勧め理由>


・試験間際の効果性はNO1!!

でもあくまで試験間際ね。勉強開始の前半部分にやるいと、心を折られる可能性があるので要注意。いずれにせよ、本番同様トータルの力が試される過去問。試験間際に過去問をやり込むことにより、時間配分、スタミナ、スピード感を養える。この試験慣れがあるか、ないかで大分差がつく。本番の試験で、時間切れで回答空欄が、一番無駄


・無料で手に入る

費用対効果の所でも述べましたが無料が嬉しい。別エントリーでも記載したので是非そちらも参考にしてくれると嬉しい。また、『DELE 過去問』とググれば簡単に出てきます。

一応参考に下記サイトを貼り付けます。


【外部参考サイト】

DELE 過去問ダウンロード


【サイト内参考記事】

・第1位:お勧めしたい勉強法:過去問のやり込み

DELE B2対策】第1位:お勧め教材(費用対効果):過去問のダウンロード



・本番でベストなパフォーマンスを出す為。

試験前は誰でもナーバスになるもの。でも既に過去問で合格圏内に達していれば、「自分はできる」と潜在意識に刷り込まれて、安心して本来のパフォーマンスが出せる。何回も繰り返すことによって、問題がとけることが『当たり前』になり、全ての問題が回答可能な『自分の想定内』だと確信できれOK.そうなる為には、勿論同じ過去問を何度も繰り返し、合格点に達成していることが重要だが、そこは回数で。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック